書くのも検討してしまう

書くのも検討してしまう

印刷する際はプレビューで確認

WordやExcelで作成したデータを印刷する際、必ず「プレビュー」で確認することをオススメします。

 

画面上では枠に収まって表示されている文字が印刷してみたらはみ出していたというのはよくある話です。

 

もし枠からはみ出していたりズレている箇所があるのだとしたら文字の大きさを変えたり表を減らしたりして修正をしなければいけません。

 

印刷してしまったあとですと二度手間になりますし、なにより紙がもったいないですよね。お金もかかるだけではなく処分する手間もなかなか面倒なものです。

 

あらかじめプレビューをすればそういったミスを防げますので、ぜひ活用するといいでしょう。

 

プレビューをしてみて問題がなければ印刷を開始します。この時、印刷の設定を間違えてしまわないよう気をつけましょう。特に注目していただきたいのが「用紙サイズ」ですね。

 

焦っていたりするとつい設定を間違えてしまいがちですので、落ち着いて各設定を確認してから印刷ボタンをクリックして下さい。

 

また古い型の家庭用プリンターの場合、用紙トレイの選択も行う場合があります。

 

「自動選択」ですとうまく認識されないことがあるため、スムーズに印刷をするためにも用紙トレイの選択をしておくといいでしょう。

更新履歴